スポーツ

  • 印刷
重量挙げの兵庫県選手権男子89キロ級を制した岳藤康平
重量挙げの兵庫県選手権男子89キロ級を制した岳藤康平

 8日に明石南高(兵庫県明石市)であった重量挙げの兵庫県選手権で、男子89キロ級を制した明南OBクラブの岳藤康平(21)。競技人生ラストイヤーで、地元兵庫で挑む最後の大会となったが、ジャークで自己最高を4キロ上回る150キロを成功、トータル265キロで初優勝した。母校で表彰台のてっぺんに立ち「先生に成長したところを見せられた」と頬を緩めた。

 競技と出合った高校時代は3年で近畿選手権の69キロ級を制覇。金沢学院大では階級を上げ、理論的に練習や種目に取り組む力も身につけた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月6日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 50%

  • 28℃
  • 24℃
  • 60%

  • 31℃
  • 26℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 50%

お知らせ