スポーツ

  • 印刷
東京五輪水球女子で主将として日本を束ねた新沢由貴さん=2021年7月、東京辰巳国際水泳場
拡大
東京五輪水球女子で主将として日本を束ねた新沢由貴さん=2021年7月、東京辰巳国際水泳場
オンライン取材に応じる新沢由貴さん
拡大
オンライン取材に応じる新沢由貴さん

 昨夏の東京五輪、水球女子で日本が五輪初出場を果たした。だが1次リーグ4戦全敗とはね返され、世界の壁の高さを痛感した。代表主将を務めたのが、新沢由貴さん(25)=明石西高出身。その後現役を引退した元リーダーは「研究、スタミナ、主体性」などと日本の課題について語り、2年後のパリ五輪に向けてエールを送る。(藤村有希子)

 左利きのシューターとして活躍し、昨秋の日本選手権を最後に引退した新沢さん。現在は、選手時代に活動を支援してくれた人材派遣のイカイ(静岡県沼津市)で働く。

 五輪に開催国枠で初参加した日本。ロシア・オリンピック委員会(ROC)との1次リーグ最終戦では善戦して意地を見せたが、前回女王の米国には4-25と完敗した。

 自国五輪へ、日本も食生活やウエートトレーニングで体づくりを進めてきたが「世界には届かなかった」と新沢さん。海外勢はより大柄で、水中の格闘でもパワーがある上に、「水着をどんなにつかまれてもシュートを決めきる」との気迫がすさまじかったという。

 日本は今後、何に活路を見いだせばよいのか。新沢さんは「水球選手に適した体をもっと研究すべき」と話す。女子でも筋肉をまとい、体を大きくすることをいとわない姿勢が大切という。その上で海外勢を振り切るために、スタミナ向上も課題に挙げる。

 新沢さんは日体大時代、強豪国スペインのチームに1カ月間、練習生として加わったことがある。現地の選手は年齢を問わず意見を戦わせ、試合で味方が得点、勝利したときには一体となって盛り上がっていた。

 その経験から、日本は主体性が足りないと感じている。五輪でも選手たちは監督の指示を待つなど「人頼みだった」といい、「自分たちから『こうしたらいいのでは』と意見を出し、情報を共有すればもっといいチームになる」と後輩の奮起に期待した。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(5月17日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 16℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ