スポーツ

  • 印刷
女子5000メートル決勝 1位でフィニッシュし、世界選手権代表に決まった田中希実=ヤンマースタジアム長居(撮影・秋山亮太)
女子5000メートル決勝 1位でフィニッシュし、世界選手権代表に決まった田中希実=ヤンマースタジアム長居(撮影・秋山亮太)

 75分前に800メートルを走ったとは思えない驚異のスパートだ。女子5000メートル決勝。ラスト1周の鐘が鳴る直前、田中は一気にギアを切り替えた。追走していた広中の前に出るとあっという間に引き離し、誰も追いつけない。「案外、余裕を持っていた」。2位に6秒近い差をつけるぶっちぎりで2枚目の世界切符を手に入れた。

 800メートル決勝は残り200メートルで猛追しながら、及ばず2位。その疲労を全く感じさせずに5000メートル駆け抜け、スタートまで75分しかなかったことを振り返り「もう少し長いと緊張し始めていた。ギリギリのライン」とおどけた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月10日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ