スポーツ

  • 印刷
栃木国体に向けた強化指定証を受け取る報徳高ラグビー部の植浦主将(中央)=兵庫県民会館
拡大
栃木国体に向けた強化指定証を受け取る報徳高ラグビー部の植浦主将(中央)=兵庫県民会館

 10月の栃木国体に向け、兵庫県スポーツ協会は2022年度の強化運動部・チームに43団体を認定した。14日に神戸市中央区の県民会館で指定証の授与式があり、それぞれの監督、選手ら約60人が参加した。

 兵庫は栃木国体で12年ぶりの天皇杯(男女総合得点)8位以内を目指す。強化指定は獲得できる得点が多い団体競技を対象とし、今回は高校28部(23校)▽大学9部(5校)▽社会人6部・チームで構成する。

 昨年まで個別に指定証を渡していたが、今回初めて式典形式で実施。報徳高ラグビー部▽神戸松蔭女大卓球部▽三菱電機女子バドミントン部の選手が代表して受け取った。

 同協会の広瀬専務理事は「チーム兵庫として同じ目標を持ち、互いに高め合ってほしい」と呼び掛けた。(有島弘記)

スポーツ
スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月18日)

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 31℃
  • 24℃
  • 70%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 24℃
  • 80%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ