兵庫の高校野球
  • ニュース
  • 成績
  • 日程・成績・勝ち上がり表
  • 選手名鑑
  • 写真集
兵庫のニュース
  • 印刷
甲子園練習でフリー打撃に臨む神戸国際大付ナイン(撮影・後藤亮平)
拡大
甲子園練習でフリー打撃に臨む神戸国際大付ナイン(撮影・後藤亮平)

 今年3月の選抜大会以来の甲子園。神戸国際大付ナインは独特の雰囲気を思い出しながら聖地を駆け回った。

 最初の守備練習では選抜の教訓を生かした。青木監督は、東海大福岡戦でバント処理をミスした猪田や、緩いゴロの送球を焦った田淵主将らに、あえて同じような球をノックで転がした。

 シート打撃ではレギュラー陣が5球ずつ打ち、次々と鋭い打球を外野に運んだ。兵庫大会で打率6割6分7厘と好調だった森田は柵越え1本を披露し、「気持ち良かった」と笑顔を見せた。

 選抜前の甲子園練習では全体的に打ち損じが目立っただけに、森田は「夏まで振ってきた成果だと思う」と胸を張った。兵庫大会準決勝で左太もも裏を負傷した片岡は打席に立たなかった。

 最後はエース岡野ら3投手がマウンドへ。直球とスライダーを約15球投じた岡野は「夏の雰囲気は全然違う。甲子園のマウンドは投げやすかった」とうなずき、「試合では勝てる投球をしたい」と意気込んだ。(山本哲志)

兵庫ニュースの一覧

天気(2月23日)

  • 10℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • -2℃
  • 40%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 13℃
  • 1℃
  • 10%