兵庫の高校野球
  • ニュース
  • 成績
  • 日程・成績・勝ち上がり表
  • 選手名鑑
  • 写真集
兵庫のニュース
  • 印刷

 第99回全国高校野球選手権大会(7日開幕・甲子園)の組み合わせ抽選会が4日、大阪市内であり、3年ぶり2度目の出場となる兵庫代表の神戸国際大付は、大会第5日(11日)第3試合の2回戦で、昨夏準優勝の北海(南北海道)と対戦することが決まった。

 北海の平川監督は地元兵庫代表との対戦に「完全アウェーじゃないですか」と苦笑いを浮かべつつ、「そういう中で自分たちの野球をやりたい」と、名門のプライドをのぞかせた。

 南北海道大会は阪口、多間の2本柱の継投を軸に勝ち上がり、7試合で計60得点を挙げた打線も力強い。

 夏は38度目の出場で前年の準優勝校。昨秋の近畿大会で大阪桐蔭を下し、兵庫大会で選抜大会4強の報徳を破った神戸国際大付に対し、平川監督は「相手は地力がある。先輩たちが築いてきた伝統の力を示してほしい」と、夏の経験値で対抗する構え。

 指揮官は「ピッチャーがしっかり投げて、攻撃につなげたい」とし、最速147キロを誇る右腕阪口は「低めに集めれば(長打には)持っていかれない」と自信を漂わせた。(伊藤大介)

兵庫ニュースの一覧

天気(2月20日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%