兵庫の高校野球
  • ニュース
  • 成績
  • 日程・成績・勝ち上がり表
  • 選手名鑑
  • 写真集
兵庫のニュース
  • 印刷
チアガール姿で応援する寒川千桜さん(前列左)と後藤彩心さん(前列左から2番目)=12日午後、西宮市、甲子園球場(撮影・風斗雅博)
拡大
チアガール姿で応援する寒川千桜さん(前列左)と後藤彩心さん(前列左から2番目)=12日午後、西宮市、甲子園球場(撮影・風斗雅博)

 白熱した攻防を三振で締めくくると、西日が照りつける三塁側アルプススタンドは歓喜に包まれた。第99回全国高校野球選手権大会第5日の12日、兵庫代表の神戸国際大付は前年準優勝の北海(南北海道)を逆転で破った。3年ぶり2度目の出場でつかんだ悲願の夏1勝。野球部員たちに交じって懸命に声援を送り続けた小さな“チアガール”4人も「このままどんどん勝ち進んで」と喜びを爆発させた。

 メンバー入りした後藤貴大(たかひろ)選手(3年)の妹彩心(あやみ)さん(9)と寒川豪(たける)選手(3年)の妹千桜(ちはる)さん(9)、2年生部員の妹、重成月姫(かぐや)さん(9)と佃姫那(ひめな)さん(5)-の4人。神戸国際大付は男子校のためチアガールはいないが、うち3人は今春の選抜大会でもスタンドから声援を送った。

 彩心さんと千桜さんは兄の入学当初から見よう見まねで踊りを覚えた。最初はそろいのTシャツ姿だったが、昨年夏ごろから、同校野球部カラーの青とオレンジが配色されたチアガール衣装に。今夏は白とオレンジのポンポンも手作りし、兄と同じ“最後の夏”に臨んでいる。

 彩心さんは試合の度に自宅のある徳島県から応援に参加。1番打者として先発出場した後藤選手を「かっこいい兄ちゃん」と慕い、2安打を放つ活躍を見せた兄の姿に応援のボルテージも上がり続けた。また、春の選抜で応援団長だった寒川選手は、夏には背番号15でメンバー入り。この日は出番はなかったが、千桜さんは「ベンチに入れたことが本当にうれしい」と笑顔で戦況を見詰めた。

 ゲームセットの直後、4人は部員たちと次々にハイタッチ。彩心さんが「七回の逆転ホームランの瞬間が一番うれしかった」と喜ぶと、千桜さんも「次ももちろん勝ってほしい」と興奮した様子だった。後藤選手の父正和さん(47)は「最初は動きが硬かったけど、全員で盛り返して勝てた。夏の甲子園で初めて校歌を聞けて感無量です」と目を細めた。(阪口真平)

兵庫ニュースの一覧

天気(10月21日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 80%

  • 20℃
  • ---℃
  • 90%

  • 18℃
  • ---℃
  • 90%

  • 19℃
  • ---℃
  • 90%