兵庫の高校野球
  • ニュース
  • 成績
  • 日程・成績・勝ち上がり表
  • 選手名鑑
  • 写真集
兵庫のニュース
  • 印刷
智弁和歌山戦で1失点完投の大阪桐蔭・徳山
拡大
智弁和歌山戦で1失点完投の大阪桐蔭・徳山

 第99回全国高校野球選手権大会第9日は17日、甲子園球場で2回戦の残り3試合が行われ、2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭は、七回2死三塁から相手の暴投で勝ち越し。先発の徳山が智弁和歌山の反撃を許さず、2-1で競り勝ち3回戦進出を決めた。

 「ボクシングで言うならボディーをかなり打たれたけど、倒れなかったということ」。大阪桐蔭の西谷監督はエース徳山(姫路高丘中出)の投球をそう評した。

 強打の智弁和歌山に浴びたヒットは2桁の12本。それでも失点は1。毎回のように走者を背負ったが、切れのあるスライダーを軸に打たせて取り、味方の援護を待った。

 七回に相手の暴投で待望の勝ち越し点を奪うと、「気持ちが高まった」と徳山。3番打者から始まる八回を三者凡退に仕留めて主導権を固め、九回は1死一、二塁の場面で外角のスライダーを引っかけさせて併殺で締めくくった。

 エースとして選抜大会優勝に貢献した。全5試合に登板し、勝負どころの準々決勝、準決勝で連続完投。「春のピンチでの経験が生きている。落ち着いて自分の思った通りに投げられている」。力で相手をねじ伏せる豪腕タイプではないが、要所を迎えると、厳しいコースを突き、簡単に得点を許さない。

 「たくさん打たれたけど、最後まで投げ抜いたのは自信になる」と徳山。史上初2度目の春夏連覇へ、背番号1は「3回戦も粘り強く投げたい」と闘志を燃やした。(宮崎真彦)

兵庫ニュースの一覧

天気(5月27日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%