兵庫の高校野球
  • ニュース
  • 成績
  • 日程・成績・勝ち上がり表
  • 選手名鑑
  • 写真集
兵庫のニュース
  • 印刷
天理に惜敗し、肩を落として引き揚げる神戸国際大付ナイン=18日午前、甲子園球場(撮影・吉田敦史)
拡大
天理に惜敗し、肩を落として引き揚げる神戸国際大付ナイン=18日午前、甲子園球場(撮影・吉田敦史)
天理に1-2と惜敗し、スタンドへあいさつに向かう神戸国際大付属ナイン=西宮市の甲子園球場(撮影・中西大二)
拡大
天理に1-2と惜敗し、スタンドへあいさつに向かう神戸国際大付属ナイン=西宮市の甲子園球場(撮影・中西大二)
神戸国際大付-天理 2回裏神戸国際大付、右越えに三塁打を放つ片岡(撮影・中西大二) 
拡大
神戸国際大付-天理 2回裏神戸国際大付、右越えに三塁打を放つ片岡(撮影・中西大二) 

 第99回全国高校野球選手権大会第10日は18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦があり、兵庫代表の神戸国際大付は天理(奈良)に延長十一回の末に1-2で競り負け、兵庫勢として2011年の東洋大姫路以来、6年ぶりのベスト8進出を逃した。

 神戸国際大付は0-1の二回、片岡大和一塁手の三塁打と大丸侑也右翼手の内野ゴロで追い付いたが、その後は再三のチャンスで得点できなかった。六回から登板した花村凌投手が力投したが、延長十一回2死一、三塁から、決勝の右前適時打を浴びた。

 神戸国際大付は3年ぶり2度目の出場で、今春選抜大会に続く春夏連続の甲子園。12日の2回戦で昨夏準優勝の北海(南北海道)を5-4で破り、夏の甲子園初勝利を挙げたが、8強入りはならなかった。(山本哲志)

兵庫ニュースの一覧