兵庫の高校野球
  • ニュース
  • 成績
  • 日程・成績・勝ち上がり表
  • 選手名鑑
  • 写真集
兵庫のニュース
  • 印刷
選抜大会の選考委員会で掲示された出場校のプレート。兵庫勢は選ばれず、明石商は補欠1位校に入った=26日午後、大阪市北区
拡大
選抜大会の選考委員会で掲示された出場校のプレート。兵庫勢は選ばれず、明石商は補欠1位校に入った=26日午後、大阪市北区
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 甲子園のお膝元に、また「春」は来なかった。選抜高校野球大会の出場校を決めるため、26日に開かれた選考委員会。2015年の第87回大会に続き、兵庫は出場校ゼロとなった。33年ぶりに1校も選ばれなかった前回から、わずか3年。春夏の甲子園通算勝利数で全国2位(303勝)を誇る“雄県”の苦戦が続いている。

 昨秋の近畿大会で兵庫代表は全3校が1回戦で敗退した。県大会を制して近畿に進んだ明石商の狭間善徳監督は「うちが一つでも勝っておけば…。兵庫が弱いと思われる結果になり、つらい」と責任を背負った。

 近畿2府4県のうち、21世紀枠も含めて滋賀から3校が選出された一方、1校も選ばれなかったのは兵庫のみ。「地域性」を加味しても及ばなかったことになり、県高野連の福留和年理事長は「兵庫の高校野球ファンにとっては寂しいことになった」と神妙に受け止めた。

 近年、選抜大会の重要な選考材料となる秋季近畿大会で兵庫勢の不振が目立っている。昨年、14年のほか、11年も全校が初戦で姿を消した。翌12年の大会は21世紀枠で洲本が選出されたが、一般枠での出場はゼロだった。

 兵庫は全国でも屈指の激戦区だ。報徳や神戸国際大付をはじめ、強豪私学がひしめく一方、近年は明石商や西脇工などの公立校も台頭。福留理事長は「大阪を別にすれば、近畿で力が劣っているとは思わないが、戦力が(各校に)分散しているのは確か」と認める。

 兵庫は伝統的に投手中心のチームが多いとされ、打力を重視する全国的な流れへの乗り遅れを指摘する声もある。危機感を強める県高野連は、初めてとなる県外視察を計画。若手指導者ら20人が27日から、四国の強豪、高松商(香川)と松山商(愛媛)を訪れ、指導法を学ぶ。

 県高野連で指導者委員長を務める須磨友が丘の徳山範夫監督は「いいところを取り入れて、近畿や甲子園で勝てるチーム、指導者を育てていきたい」と力を込めた。(山本哲志、宮崎真彦)

兵庫ニュースの一覧

天気(10月18日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 10%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

  • 24℃
  • 16℃
  • 10%

  • 23℃
  • 14℃
  • 10%