兵庫の高校野球
  • ニュース
  • 成績
  • 日程・成績・勝ち上がり表
  • 選手名鑑
  • 写真集
兵庫のニュース
  • 印刷
練習会で延長13回からのタイブレーク開始を表示する甲子園球場のスコアボード
拡大
練習会で延長13回からのタイブレーク開始を表示する甲子園球場のスコアボード

 今春の選抜高校野球大会から甲子園大会で初めて導入されるタイブレーク制の練習会が4日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、審判員や大会関係者が実際の試合形式で新たな制度を確認した。

 タイブレーク制は試合の早期決着を図るため、延長十三回からの攻撃を、延長十二回の継続打順で無死一、二塁から始める。

 兵庫・報徳の選手がモデルを務めた練習会では、延長十二回を想定したイニング終了後、タイブレーク開始を告げる場内アナウンスがあり、スコアボードに大会規定を表示。タイブレーク開始前の選手交代、一塁走者と二塁走者に代走を送った場合など、さまざまな状況を想定し、試合運営の手順を確認した。

 窪田哲之審判規則委員長は「(イニング間の)ボールを使った内野の守備練習中は危険なのでタイブレーク走者を置かないなど、実際にやってみて気付くことが多くあった」とし、竹中雅彦事務局長は「今後問題が出れば、その都度の報告を精査して対応したい」と話した。(宮崎真彦)

兵庫ニュースの一覧

天気(8月23日)

  • 30℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 70%

  • 30℃
  • ---℃
  • 80%

  • 30℃
  • ---℃
  • 80%