兵庫の高校野球

ニュース

  • 18年夏の甲子園
  • 報徳

報徳が初戦突破、16強入り 夏の全国高校野球

2018.08.11 16:35
報徳-聖光学院 力投する報徳の渡辺友=甲子園球場(撮影・吉田敦史)
報徳-聖光学院 力投する報徳の渡辺友=甲子園球場(撮影・吉田敦史)
1回表報徳 先頭打者の小園が二塁打を放つ=甲子園(撮影・大山伸一郎)
1回表報徳 先頭打者の小園が二塁打を放つ=甲子園(撮影・大山伸一郎)

 第100回全国高校野球選手権大会第7日は11日、西宮市の甲子園球場で2回戦が始まり、東兵庫代表の報徳は3-2で聖光学院(福島)に勝ち、ベスト16一番乗りを果たした。8年ぶり15度目出場の報徳は、春夏通算で甲子園大会59勝とし、60勝の大台に王手を掛けた。

 報徳は2-2の八回、1番小園の二塁打を起点に1死三塁とし、長尾が決勝打を放った。プロ注目の小園は3本の二塁打で3得点の活躍だった。

 1回戦の第2試合で西兵庫代表の明石商は八戸学院光星(青森)に8-9で敗れた。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(12月18日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 40%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%