兵庫の高校野球

ニュース

  • 19年センバツ大会
  • 明石商

明石商、8強入り 初出場の大分13-4で破る

2019.03.30 14:33
2回表、明石商の岡田(手前)のソロ本塁打に盛り上がる明石商ベンチ=30日午後、西宮市の甲子園球場(撮影・辰巳直之)
2回表、明石商の岡田(手前)のソロ本塁打に盛り上がる明石商ベンチ=30日午後、西宮市の甲子園球場(撮影・辰巳直之)
大分に快勝し、笑顔で校歌を斉唱する明石商ナイン=甲子園球場(撮影・吉田敦史)
大分に快勝し、笑顔で校歌を斉唱する明石商ナイン=甲子園球場(撮影・吉田敦史)
明石商-大分 1回表明石商1死三塁、重宮がスクイズを決め、先制する=30日午後、西宮市の甲子園球場(撮影・辰巳直之)
明石商-大分 1回表明石商1死三塁、重宮がスクイズを決め、先制する=30日午後、西宮市の甲子園球場(撮影・辰巳直之)
明石商-大分 2回表明石商無死、左越えの勝ち越しソロ本塁打を放つ岡田(投手武藤)=30日午後、西宮市の甲子園球場(撮影・辰巳直之)
明石商-大分 2回表明石商無死、左越えの勝ち越しソロ本塁打を放つ岡田(投手武藤)=30日午後、西宮市の甲子園球場(撮影・辰巳直之)

 第91回選抜高校野球大会第8日は30日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦があった。地元兵庫の明石商は13-4で大分に快勝し、2016年以来、3年ぶりの準々決勝進出を決めた。

 明石商は13安打13得点。二回に岡田光一塁手が左越え本塁打を放って勝ち越すと、以降も来田涼斗中堅手の2点適時三塁打や中森俊介投手の中越え本塁打など、猛打で圧倒した。

 兵庫勢の8強入りは、報徳が準決勝まで勝ち上がった2017年以来2年ぶり。明石商は大会第9日(31日)の準々決勝で、初の4強入りを目指して智弁和歌山と対戦する。(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%