兵庫の高校野球

ニュース

  • 19年センバツ大会
  • 明石商

明石商、初の決勝進出ならず センバツ

2019.04.02 19:10
東邦-明石商 8回表明石商2死二塁、右越えに2ランを放つ安藤=西宮市の甲子園球場(撮影・辰巳直之)
東邦-明石商 8回表明石商2死二塁、右越えに2ランを放つ安藤=西宮市の甲子園球場(撮影・辰巳直之)
試合終了後、アルプススタンドにあいさつし、ベンチに戻る明石商の選手ら=2日午後、西宮市の甲子園球場(撮影・後藤亮平)
試合終了後、アルプススタンドにあいさつし、ベンチに戻る明石商の選手ら=2日午後、西宮市の甲子園球場(撮影・後藤亮平)
東邦-明石商 東邦に惜敗し、肩を落としてスタンドの応援団にあいさつに向かう明石商ナイン=2日午後、西宮市の甲子園球場(撮影・辰巳直之)
東邦-明石商 東邦に惜敗し、肩を落としてスタンドの応援団にあいさつに向かう明石商ナイン=2日午後、西宮市の甲子園球場(撮影・辰巳直之)
東邦-明石商 力投する明石商の中森(撮影・大森 武)
東邦-明石商 力投する明石商の中森(撮影・大森 武)

 第91回選抜高校野球大会第10日は2日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準決勝2試合があり、地元兵庫の明石商は東邦(愛知)に2-4で競り負け、初の決勝進出はならなかった。

 明石商は0-0の七回、2年生エース中森俊介投手が3ラン本塁打を浴び、先制を許した。八回、4番安藤碧右翼手が2ラン本塁打を放ったが、反撃は及ばず、兵庫勢では2002年の報徳以来、17年ぶりとなる決勝に届かなかった。

 市立校の明石商は3年ぶり2度目の出場。準々決勝で前年準優勝の智弁和歌山にサヨナラ勝ちし、春夏通じて初めてベスト4に勝ち上がった。

 3日の決勝は習志野(千葉)-東邦。習志野は初優勝、東邦は1989年以来30年ぶり、単独最多5度目の頂点を目指す。(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%