兵庫の高校野球

ニュース

  • 19年春季県大会
  • 神戸国際大付
  • 須磨翔風
  • 姫路南
  • 東洋大姫路

神戸国際大付が4度目のV 春季県高校野球

2019.05.04 14:42
神戸国際大付-須磨翔風 4年ぶりの優勝を果たし、歓喜に沸く神戸国際大付ナイン=4日午後、明石トーカロ球場(撮影・秋山亮太)
神戸国際大付-須磨翔風 4年ぶりの優勝を果たし、歓喜に沸く神戸国際大付ナイン=4日午後、明石トーカロ球場(撮影・秋山亮太)

 高校野球の春季兵庫県大会(神戸新聞社後援)最終日は4日、明石トーカロ球場であり、決勝は、昨秋準優勝の神戸国際大付が5-2で須磨翔風に逆転勝ちし、4年ぶり4度目の栄冠に輝いた。須磨翔風の初優勝はならなかった。

 両校は4月の神戸地区大会ブロック決勝でも対戦し、県大会決勝と同一カードになったのは史上初。神戸国際大付は1点を追う八回、2死から福元の中前2点適時打で逆転に成功。先発松本が2失点で完投し、地区大会の雪辱を果たした。

 3位決定戦は姫路南が8-0の七回コールドゲームで東洋大姫路に快勝した。

 優勝した神戸国際大付は兵庫代表として、25日に佐藤薬品スタジアム(奈良県橿原市)で開幕する春季近畿地区大会に出場する。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(8月24日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%