兵庫の高校野球

ニュース

  • 19年兵庫大会
  • 東洋大姫路
  • 市尼崎
  • 加古川西
  • 飾磨

16強決まる 東洋大姫路、市尼崎が敗退 兵庫大会

2019.07.21 18:25
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 全国高校野球選手権兵庫大会第13日は21日、明石トーカロなど4球場で4回戦8試合があり、16強が出そろった。ノーシードの加古川西は、昨夏東兵庫大会覇者の報徳を破った3回戦に続き、同準優勝の市尼崎を5-4で振り切り、5回戦進出を決めた。飾磨は第1シードの東洋大姫路に3-2で競り勝ち、17年ぶりのベスト16進出を果たした。

 尼崎北は7-5で県尼崎工との地元対決を制し、13年ぶりの16強入り。市川、育英の第1シード校が大差で勝ち上がったほか、第2シードの東播磨や高砂、昨夏西兵庫大会4強の小野が5回戦に駒を進めた。

 明石トーカロでの第1試合開始前に5回戦の組み合わせ抽選があり、第14日は22日、明石トーカロで柏原-明石商、神戸国際大付-西宮東、姫路市ウインクで姫路南-武庫荘総合、社-須磨翔風の5回戦計4試合が行われる。5回戦残り4試合は23日、両球場であり、8強が出そろう。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(8月19日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%