兵庫の高校野球

ニュース

  • 19年夏の甲子園
  • 明石商

明石商、延長でサヨナラ勝ち 初の準々決勝進出

2019.08.16 16:49
サヨナラ勝ちで8強入りを決め、雄たけびを上げる明石商ナイン=16日午後、甲子園球場(撮影・吉田敦史)
サヨナラ勝ちで8強入りを決め、雄たけびを上げる明石商ナイン=16日午後、甲子園球場(撮影・吉田敦史)
明石商-宇部鴻城 10回裏サヨナラ勝ちでベスト8進出を決め、スタンドにかけ出す明石商ナイン=阪神甲子園球場(撮影・中西幸大)
明石商-宇部鴻城 10回裏サヨナラ勝ちでベスト8進出を決め、スタンドにかけ出す明石商ナイン=阪神甲子園球場(撮影・中西幸大)

 第101回全国高校野球選手権大会第10日は16日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦4試合が行われ、兵庫代表の明石商は宇部鴻城(山口)に延長十回、3-2でサヨナラ勝ちし、初の準々決勝進出を決めた。兵庫勢の8強入りは昨年の報徳に続き2年連続、県内公立校では1960(昭和35)年の明石以来、59年ぶり。

 明石商は2点を追う五回、重宮涼主将が中越えにソロ本塁打を放って反撃。八回に1死三塁から清水良二塁手の内野ゴロで追い付き、延長十回、1死満塁から河野光輝遊撃手のスクイズが成功し、サヨナラ勝ちを決めた。

 明石商は今春の選抜大会に続くベスト4進出を懸け、大会第12日の18日、準々決勝第1試合で八戸学院光星(青森)と対戦する。(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(1月26日)

  • 12℃
  • 6℃
  • 40%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 11℃
  • 6℃
  • 60%

  • 10℃
  • 5℃
  • 30%