兵庫の高校野球

ニュース

  • 19年夏の甲子園
  • 明石商

明石商の来田、八戸学院光星との再戦に闘志「借りを返す」

2019.08.17 19:00
俊足強打が持ち味の明石商のリードオフマン来田涼斗=明石市の同校
俊足強打が持ち味の明石商のリードオフマン来田涼斗=明石市の同校

 あの悔しさが、いまだに心にくすぶっている。明石商の2年来田涼斗中堅手は、八戸学院光星との再戦に特別な思いを持つ。チームが初の夏の甲子園に挑んだ昨年。来田は左翼手として出場し、自身の守備のミスで決勝点を献上した。「挑戦者として、初心に帰って借りを返す」。澄んだ瞳の奥で、静かに闘志を燃やす。

 昨夏の1回戦、8-8の延長十回2死一、二塁。左前打の打球処理を誤り、生還を許した。「ボールがイレギュラーして、はじいてしまった」。当時1年生。聖地・甲子園の怖さを知った。

 以来、グラブの「面」を意識してゴロ捕球から見直した。冬場のウエートトレーニングの成果で肩は強くなり、自信をつかんだ今は「自分のところにどんどん飛んでこい」とさえ思える。

 「思い通りにプレーできないまま終わった」昨夏とは違う。「(涙をのんだ)先輩の分も勝ちにいく」。先頭打者弾、サヨナラ弾の2本塁打で一躍脚光を浴びた春の選抜大会同様、準々決勝でヒーローになる。(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(8月5日)

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 22℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

  • 38℃
  • 25℃
  • 20%