明石商-八戸学院光星 8回表明石商2死三塁、相手投手の暴投で三走来田が生還(撮影・後藤亮平)
明石商-八戸学院光星 8回表明石商2死三塁、相手投手の暴投で三走来田が生還(撮影・後藤亮平)

■甲子園大会 明石商7-6八戸学院光星

 明石商の来田には予感があった。同点の八回2死三塁。「パッとひらめくというか、パスボールになると思った。はじいた瞬間、一歩早くスタートを切れた」。相手投手の暴投に体が反応。春の選抜大会準々決勝のサヨナラ本塁打以来という直感で決勝点を奪った。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%