兵庫の高校野球

ニュース

  • 19年夏の甲子園
  • 明石商

明石商の捕手・水上 攻守で存在感、光る笑顔

2019.08.19 05:58
明石商-八戸学院光星 準決勝進出を決め、中森(左)と喜び合う明石商の捕手・水上(中央)=撮影・吉田敦史
明石商-八戸学院光星 準決勝進出を決め、中森(左)と喜び合う明石商の捕手・水上(中央)=撮影・吉田敦史

■甲子園大会 明石商7-6八戸学院光星

 1点勝負の終盤で明石商は捕手・水上が「砦(とりで)」となった。七回の守り、2死三塁で中森が投げたワンバウンドのボールを、体を張って止めて勝ち越しを阻止。八回には2死一、三塁から相手が仕掛けてきた重盗に対し、三塁走者を目でけん制した後、冷静に二塁に送球し、挟殺プレーに仕留めた。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%