兵庫の高校野球

ニュース

  • 明石商

野球・高校日本代表 兵庫からメンバー入り 明石商の水上「力確かめる機会」

2019.08.25 07:00
U18高校日本代表に選出された明石商の捕手・水上=20日、甲子園球場
U18高校日本代表に選出された明石商の捕手・水上=20日、甲子園球場

 野球のU18(18歳以下)高校日本代表に、兵庫から唯一、明石商の水上桂捕手がメンバー入りしている。夏の甲子園大会では初戦で本塁打を放ち、守っても投手陣を巧みにリード。春夏連続の甲子園4強入りに貢献した扇の要は「自分の力や立ち位置を確かめる機会」と初の代表選出に胸を高鳴らせる。

 身長170センチ、体重70キロの小柄な2番打者。チームでは強打の1番来田涼斗の次打者という難しい役どころをこなした。打席では粘りを発揮し、兵庫大会での四死球は7試合で11個。甲子園でも準々決勝の八戸学院光星(青森)戦で3四球を選んで2得点をマークした。油断をすれば一発長打もあり、相手投手が嫌がるタイプだ。

 したたかな打撃とともに捕手としての能力が今回、高く評価された。今夏は兵庫大会、甲子園の計11試合で捕逸1個。軽やかなステップワークで変化球に対応し、不用意なバッテリーミスを阻止する。視野が広く、投手、野手への声かけも忘れない。

 高校日本代表の投手陣は、最速160キロ超を誇る大船渡(岩手)の佐々木朗希や甲子園準優勝の星稜(石川)のエース奥川恭伸ら好投手がずらりと並び、水上は選出について「まさか自分が、という感じ。みんなのサインが欲しいぐらい」と笑いつつ「レベルの高い選手の技術を見て学び、自分の成長につなげたい」と意気込んでいる。

(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(11月14日)

  • 17℃
  • 15℃
  • 60%

  • 12℃
  • 10℃
  • 80%

  • 18℃
  • 15℃
  • 70%

  • 15℃
  • 13℃
  • 60%