兵庫の高校野球

ニュース

  • 19年秋季県大会
  • 仁川

敗戦の仁川が見せた闘志 急性白血病で闘病中の4番の分まで

2019.09.15 06:30
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

■秋季県高校野球 仁川2-4北条

 仁川のベンチには、背番号6のユニホームが飾られた。急性白血病で闘病中の槙原副主将のもの。チームは接戦の末に敗れたが、辻元監督は「彼の思いも背負いよく戦った」と選手をたたえた。

 旧チームから4番・遊撃を務め、地区大会も主力として4年ぶりの県大会出場へ貢献した。病気が発覚したのは今月9日。ナインは11日に病院へ見舞いに訪れ「槙原の分も」と決意新たにこの日を迎えた。

 試合は第1代表の北条に逆転負け。それでも病室で交わした「最後まで諦めない」という約束は守った。北山主将は誓った。「槙原がいつでも帰ってこられるよう、もっと鍛えて強いチームになる」(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(10月21日)

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 22℃
  • 12℃
  • 20%

  • 25℃
  • 16℃
  • 50%

  • 24℃
  • 15℃
  • 40%