兵庫の高校野球

ニュース

  • 19年秋季近畿地区大会
  • 明石商
  • 報徳

明石商が8強、報徳-天理は23日に順延 秋季近畿高校野球

2019.10.21 17:41
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 来春の選抜高校野球大会の出場校を決める重要な資料となる秋季近畿大会第2日は21日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで1回戦2試合が行われ、兵庫県大会2位の明石商は8-3で東山(京都)を破り、2年連続で準々決勝に進出した。

 明石商は三回に宮城の3点適時打など打者9人の猛攻で一挙5点を加え、その後も着実に加点した。奈良大付は近江(滋賀)を12-7で下した。

 兵庫県大会1位の報徳と天理(奈良)の第3試合は雨のため中止となり、23日に順延となった。同日午後2時から同スタジアムで行われる。

 明石商は第5日の27日、第1試合(午前9時半開始予定)で大阪桐蔭と準々決勝を戦う。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(11月23日)

  • 21℃
  • 14℃
  • 10%

  • 19℃
  • 7℃
  • 10%

  • 22℃
  • 13℃
  • 10%

  • 21℃
  • 11℃
  • 10%