兵庫の高校野球

ニュース

  • 20年夏季県大会
  • 三田松聖
  • 西脇工
  • 洲本
  • 伊川谷
  • 夢野台
  • 多可・相生学院
  • 明石西・蒼開

夏季県大会第7日 156チームが初戦終える

2020.08.01 21:25
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 高校野球の夏季県大会(神戸新聞社など後援)第7日は1日、明石トーカロ球場などで22試合があった。阪神、神戸、播淡、西播地区で2回戦が終了し、出場156チームが初戦を終えた。但丹地区は4回戦があり、三田松聖が柏原に9-1で快勝。ブロック突破を懸けたプレ5回戦進出を決めた。

 夏は3年連続の対戦となった西脇工-洲本は、延長十一回タイブレークの末、西脇工が2-0で競り勝った。伊川谷は8-7で夢野台にサヨナラ勝ち。連合チームの多可・相生学院は4-1で吉川を振り切り、明石西・蒼開は0-10の六回コールドゲームで社に敗れた。第8日は2日、3、4回戦計12試合が行われる。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%