兵庫の高校野球

ニュース

  • 20年夏季県大会
  • 明石商
  • 神戸国際大付

明石商、神戸国際大付など16強入り 夏季県大会

2020.08.04 20:30
神戸国際大付-神院大付 1回、神戸国際大付の柴田が犠飛で生還。主将浅川と喜び合う=ほっともっと神戸(撮影・秋山亮太)
神戸国際大付-神院大付 1回、神戸国際大付の柴田が犠飛で生還。主将浅川と喜び合う=ほっともっと神戸(撮影・秋山亮太)

 高校野球の夏季県大会(神戸新聞社など後援)は4日、明石トーカロ球場などで4地区の4回戦6試合と、5回戦進出を争う但丹地区プレ5回戦の計7試合があり、明石商、神戸国際大付、東播磨などが16強に名乗りを上げた。

 甲子園交流試合を控える明石商は7-0の八回コールドゲームで小野に完勝。昨夏兵庫大会準優勝の神戸国際大付は神院大付に2-0、東播磨は津名に3-0でそれぞれ完封勝ち。姫路南は8-1の七回コールドゲームで琴丘に快勝した。赤穂は6-2で龍野に逆転勝ちし、神港橘は10-1で須磨東に大勝。但丹地区プレ5回戦は三田松聖が6-2で和田山を退けた。

 第11日は5日、4回戦の残り9試合があり、最終日の7日に行われる5回戦進出校が出そろう。5回戦の組み合わせは5日に発表される。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(9月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%