兵庫の高校野球

ニュース

  • 20年夏季県大会

<総評>コロナ禍の大会 球児全力尽くす

2020.08.08 07:05
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 3年生に集大成の場を-。大会関係者の強い思いで、独自大会は開催にこぎ着けた。夏休み短縮で日程が限られたため、優勝校こそ決まらなかったが、球児は全力を尽くし、「特別な夏」は幕を閉じた。

 敢闘賞に輝いた8強には多彩な顔ぶれが並んだ。昨秋の県大会を制した報徳は、全4試合コールドゲーム勝ちと盤石の戦いぶり。現チームは昨秋の地区大会から県内公式戦無敗で終えた。夏は4回戦が過去最高だった神戸第一は、強豪の神港学園、滝川第二を連破し、勢いそのままに最後は明石商をのみ込んだ。東播磨も初、県尼崎は22年ぶり、赤穂は19年ぶりに8強入りを果たした。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(9月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%