兵庫の高校野球

ニュース

  • 20年秋季県大会

秋季県大会、いよいよ開幕 優勝候補筆頭は報徳

2020.09.11 17:57
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 秋季兵庫県高校野球大会(神戸新聞社後援)は12日、県内各地で開幕する。5地区のブロックを勝ち抜いた55校が秋の頂点を争う。上位3校が来春の選抜大会出場校の選考資料となる秋季近畿地区大会(10月17日開幕・わかさスタジアム京都)に進む。

 昨秋覇者で、夏も含めて県内公式戦無敗を誇った報徳が優勝候補筆頭。183センチの長身エース左腕久野は最速143キロを誇り、女房役の南條、湯水、下井田ら昨秋を知る好打者もそろう。旧チームのスローガン「辛抱して日本一」を継承し、県内全勝を目指す。

 ブロック代表には、公立私学ともに今夏の夏季県大会で上位に進んだチームが並んだ。来田、中森の両雄が抜けた明石商は、1年秋から主軸を担う福本を中心に攻める。同ブロックには旧チームのレギュラーが多く残る滝川第二が入り、両校はともに勝ち上がれば3回戦でぶつかる。

 神戸国際大付、社、神港学園などが名を連ねたブロックは激戦必至。勝ち進むと、報徳や神戸弘陵、東洋大姫路などが居並ぶブロックの勝者と顔を合わせる。

 第1日の12日は1回戦11試合がある。日程が順調に進めば、準決勝が27日、決勝と3位決定戦は10月3日に行われる。新型コロナウイルス感染防止対策として大会は原則無観客で開催し、ファンらの密集を防ぐため、試合の日時や開催球場は公表されない。

(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(11月1日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 22℃
  • ---℃
  • 20%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%