市和歌山ー東播磨 近畿大会初戦で敗退し、肩を落とす東播磨ナイン=京都市右京区、わかさスタジアム京都(撮影・鈴木雅之)
市和歌山ー東播磨 近畿大会初戦で敗退し、肩を落とす東播磨ナイン=京都市右京区、わかさスタジアム京都(撮影・鈴木雅之)

 高校野球の秋季近畿地区大会第1日は18日、京都市のわかさスタジアム京都で開幕し、1回戦3試合があった。初出場の東播磨(兵庫2位)は1-2で市和歌山(和歌山1位)に惜敗した。

 東播磨は五回、熊谷と白岡の連打、鈴木の犠打で1死二、三塁とし、島津の遊ゴロの間に生還。しかし六回、市和歌山に本塁打と適時二塁打を許して逆転された。東播磨の先発鈴木は被安打7、2失点で完投し、市和歌山の好右腕小園と投手戦を演じた。

 第2日は19日、1回戦3試合があり、第3試合(午後3時開始予定)で神戸国際大付(兵庫1位)が近江(滋賀2位)と対戦する。新型コロナウイルス感染対策のため、大会は控え部員を除き無観客で行われている。(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(7月31日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%