兵庫の高校野球

ニュース

  • 20年秋季近畿地区大会
  • 神戸国際大付

高校野球近畿大会 神戸国際大付、逆転で初戦突破

2020.10.19 17:21
神戸国際大付-近江 8回表神戸国際大付1死二、三塁、栗原がスクイズを決め、4-2と突き放す(撮影・斎藤雅志)
神戸国際大付-近江 8回表神戸国際大付1死二、三塁、栗原がスクイズを決め、4-2と突き放す(撮影・斎藤雅志)

 高校野球の秋季近畿地区大会第2日は19日、京都市のわかさスタジアム京都で1回戦3試合があり、3年連続出場の神戸国際大付(兵庫1位)は5-2で近江(滋賀2位)に逆転勝ちし、準々決勝進出を決めた。

 神戸国際大付は1点を追う八回、能登原の内野安打を足場に西川の左前適時打でまず同点。なおも阪上の内野安打と敵失で1死満塁の好機を築くと、暴投で勝ち越し、栗原のスクイズで突き放した。先発右腕阪上は被安打3、2失点で完投した。

 第3日は24日、1回戦の残り2試合と準々決勝1試合があり、長田(兵庫3位)が大阪桐蔭(大阪1位)との1回戦に挑む。新型コロナウイルス感染対策のため、大会は控え部員を除き無観客で行われている。(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(12月3日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 50%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%