兵庫の高校野球

ニュース

  • 21年春季県大会
  • 神戸国際大付
  • 東洋大姫路

【AIが記事を作成】神戸国際大付が逆転勝ち 春季県大会準決勝

2021.05.04 14:50
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 兵庫県姫路市ウインクで行われた春季県大会の準決勝、神戸国際大付対東洋大姫路は、9-4で神戸国際大付が勝ち、決勝に進出した。

 東洋大姫路は1回、無死二、三塁から3番根来亮凪のレフト二塁打などで計3点を先制した。

 神戸国際大付は1点を追う5回、一死一塁から1番阪上翔也のライト三塁打で1点を返し同点。なおも一死一、三塁から3番武本琉聖のスクイズで1点を挙げ逆転、これが決勝点となった。3点リードの8回には一死二塁から9番関悠人の右中間三塁打などで計2点を加え、リードを広げた。

【ロボットくん】東洋大姫路対神戸国際大付:詳細な打席結果はこちらから

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(5月12日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%