兵庫の高校野球

ニュース

  • スポーツ
  • 21年春季県大会
  • 神港学園
  • 神戸国際大付

神港学園が24年ぶりV 兵庫県春季高校野球

2021.05.08 14:51
神戸国際大付を1-0で下し、優勝を決めて喜ぶ神港学園ナイン=8日午後、姫路市のウインク球場(撮影・中西幸大)
神戸国際大付を1-0で下し、優勝を決めて喜ぶ神港学園ナイン=8日午後、姫路市のウインク球場(撮影・中西幸大)

 高校野球の春季兵庫県大会(神戸新聞社後援)最終日は8日、姫路市のウインク球場で行われ、決勝は神港学園が今春の選抜大会に出場した神戸国際大付を1-0で退け、24年ぶり3度目の栄冠に輝いた。2019年大会覇者の神戸国際大付は2大会連続優勝を逃した(20年大会は中止)。

 神港学園は報徳との準々決勝、神戸弘陵との準決勝に続いてエース加藤が完封した。攻めては五回、藤原の適時二塁打で先制した。神戸国際大付は六回、2死満塁の好機を築いたが、後続が三振に倒れた。

 3位決定戦は神戸弘陵が1-0で東洋大姫路に競り勝った。

 優勝した神港学園は兵庫代表として、22日に大津市の皇子山球場で開幕する春季近畿地区大会に出場する。

(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

天気(6月25日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 40%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%