報徳-神戸国際大付 4回裏神戸国際大付1死満塁、楠本の適時打で3-2と逆転し、歓喜に沸くベンチ=ほっともっと神戸(撮影・吉田敦史)
報徳-神戸国際大付 4回裏神戸国際大付1死満塁、楠本の適時打で3-2と逆転し、歓喜に沸くベンチ=ほっともっと神戸(撮影・吉田敦史)

■兵庫大会 神戸国際大付6-2報徳

 底力が違う。神戸国際大付は四回の猛攻に、春からの成長が詰まっていた。打者10人、一気呵成(かせい)に6得点。報徳との強豪私学対決を制し、青木監督も「しのぎ合った結果。気持ちが良かった」と納得の表情だ。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 50%