神戸国際大付の野球部の主将を務める西川侑志さん=神戸市須磨区緑台、ほっともっとフィールド神戸(撮影・坂井萌香)
神戸国際大付の野球部の主将を務める西川侑志さん=神戸市須磨区緑台、ほっともっとフィールド神戸(撮影・坂井萌香)

 春夏連続となる甲子園行きをつかみ取り、いつものりりしい表情はとびきりの笑みでくしゃくしゃになった。「特別な大会。誰よりも優勝への思いは強かった」。新型コロナウイルス禍で2年ぶりの開催だった全国高校野球選手権兵庫大会を仲間とともに制し、メダルを手に充実感をにじませた。

 神戸市立舞子中では生徒会長を務めた。軟式野球部では県大会に出場したこともなかったが、現在はそのたぐいまれな統率力で強豪私学のエリート選手を束ねる。打っては4番、守っては扇の要。特進コースで授業数が多いため、他の部員よりも練習時間が短いが、その分自宅でも黙々とバットを振ってきた。「このチームの主将として、恥じない行動を」と前に立つ姿に、青木尚龍監督も「たいしたもの」と信頼を寄せる。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 26℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%