兵庫の高校野球

ニュース

  • 東洋大姫路

東洋大姫路、岡田龍生氏が次期監督就任へ 大阪・履正社から母校に

2021.11.04 18:50
岡田龍生監督=豊中市・履正社高校(撮影・神子素慎一)
岡田龍生監督=豊中市・履正社高校(撮影・神子素慎一)

 春夏通算19度の甲子園出場を誇る高校野球の兵庫の名門、東洋大姫路は4日、任期満了のために藤田明彦監督(64)が来年3月末限りで退任し、新たに大阪・履正社の岡田龍生監督(60)が就任すると発表した。

 岡田監督は東洋大姫路OBで、1987年に履正社の監督に就任。山田哲人(ヤクルト)ら多くのプロ野球選手を育成し、2019年夏の甲子園大会では同校を春夏通じて初の頂点へ導いた。

 藤田監督と二人三脚で指導に携わってきた三牧一雅部長(65)も定年のため来年3月末で退き、新たに平野真吾コーチ(41)が部長に就く。

 東洋大姫路の大森茂樹校長(68)は「1977年夏以来の全国制覇を目指すため、伝統を大切にしながら学校全体で支援していく」と話した。(長江優咲)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(1月26日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 40%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%