兵庫の高校野球

ニュース

  • 22年兵庫大会

夏の高校野球兵庫大会開幕 球児千人、はつらつ入場行進 甲子園懸けた「熱い夏」始まる

2022.06.25 11:57
開会式で整列する各校の選手たち=25日午前、姫路市飯田、ウインク球場(撮影・秋山亮太)
開会式で整列する各校の選手たち=25日午前、姫路市飯田、ウインク球場(撮影・秋山亮太)
開会式への参加を前に、練習する吹奏楽部員ら=25日午前、姫路市飯田、ウインク球場(撮影・秋山亮太)
開会式への参加を前に、練習する吹奏楽部員ら=25日午前、姫路市飯田、ウインク球場(撮影・秋山亮太)
開会式で行進する各校の選手たち=25日午前、姫路市のウインク球場(撮影・秋山亮太)
開会式で行進する各校の選手たち=25日午前、姫路市のウインク球場(撮影・秋山亮太)
チケット売り場に列をなす人たち=25日午前、姫路市のウインク球場(撮影・長嶺麻子)
チケット売り場に列をなす人たち=25日午前、姫路市のウインク球場(撮影・長嶺麻子)

 夏の甲子園出場を懸けた第104回全国高校野球選手権兵庫大会は25日、姫路市のウインク球場で開幕した。過密日程を避ける狙いから、史上最も早い開幕日となった今大会は、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、3年ぶりに観客の入場規制を撤廃した。昨年は参加数が大きく絞られた開会式でも、約千人の球児がはつらつと行進し、本格的な「熱い夏」の始まりを告げた。

 今大会は選手や関係者にとって負担が大きい連戦を回避するため、開幕を例年より1週間前倒しして日程に余裕を持たせる。雨天などで打ち切られた試合を翌日以降に途中から再開する「継続試合」も初めて導入する。ブラスバンドや応援団の活動も3年ぶりに認める一方、スタンドの生徒や観客には原則としてマスクの着用を求め、大声での応援は自粛してもらうなど、一定の感染対策は残す。

 昨年は開幕試合を戦う2チームの選手と第1シード16チームの主将のみが行進した開会式も、今年は出場156チーム(158校)から約50チームの選手たちが参加し、引き締まった表情でフィールドを歩いた。選手宣誓では、報徳の丸岡優太主将が「感謝を忘れず、兵庫という地が日本で一番熱く輝く地になるよう、全力を尽くします」と誓った。

 日程が順調に進めば、準決勝は7月25日、決勝は同27日にいずれもほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区)で行われ、西宮市の甲子園球場で8月6日に始まる全国選手権の兵庫代表が決まる。(初鹿野俊)

ニュース一覧

もっと見る

写真集

もっと見る

学校情報(50音順で探す)

学校ごとに、ニュースや試合結果、選手名鑑、写真集などをまとめています

50音順

特集

 

天気(8月15日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%