総体ニュース

  • 印刷
重量挙げ男子55キロ級 トータル192キロを挙げて初優勝した須磨友が丘の坂口颯基=明石南高
拡大
重量挙げ男子55キロ級 トータル192キロを挙げて初優勝した須磨友が丘の坂口颯基=明石南高

 兵庫県高校総体は26日、各地で6競技があった。重量挙げの男子55キロ級は坂口颯基(須磨友が丘)が優勝。同61キロ級は大西裕也、同89キロ級は川上直哉(ともに県尼崎工)が制し、全国選抜大会覇者の地力を示した。女子64キロ級は増井美咲(明石南)、同71キロ級は野口詩織(明石城西)がそれぞれ頂点に立った。自転車はトラック種目があり、4000メートル団体追い抜きは神崎が3連覇を達成。原田翔真(神崎)はポイントレース、3000メートル個人追い抜きとの3冠に輝いた。林田歩(飾磨工)は1000メートルタイムトライアル、ケイリン、チームスプリントの3種目を制した。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ