総体ニュース

  • 印刷
傘や帽子を用意し、悪天候にも万全の準備を怠らない甲南女の上原瑠果(左)=神戸市北区のしあわせの村アーチェリー場
拡大
傘や帽子を用意し、悪天候にも万全の準備を怠らない甲南女の上原瑠果(左)=神戸市北区のしあわせの村アーチェリー場

 雨にも負けず、風にも負けず-。しあわせの村(神戸市北区)で行われたアーチェリーの団体予選。昨年の全国総体女王で国際経験豊かな上原瑠果(甲南女)は、気まぐれな天気にも惑わされなかった。

 競技開始と同時に雨粒がぽつり。111人の選手の中でいち早く、用具類を屋根の下にしまったのが上原だった。50メートル先の的を目掛けて矢を射るときも帽子で雨よけし、視界をキープ。矢取りでは、折り畳み傘を広げ、小走りで移動する。

 感心したのは雨が上がってから。「蒸し暑いですよね」と簡易扇風機を取り出し、仲間に貸し出しする余裕も。2020年東京五輪を見据える17歳の対応力が光った。(尾藤央一)

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(11月21日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ