総体ニュース

  • 印刷
柔道男子団体決勝・神戸国際大付-報徳 大将戦で一本勝ちし、優勝を決めた神戸国際大付の騰川(手前)=高砂市総合体育館(撮影・後藤亮平)
柔道男子団体決勝・神戸国際大付-報徳 大将戦で一本勝ちし、優勝を決めた神戸国際大付の騰川(手前)=高砂市総合体育館(撮影・後藤亮平)

 兵庫県高校総体は8日、各地で12競技が行われ、柔道の男子団体決勝は神戸国際大付が報徳を2-0で破り、6年連続6度目の優勝を果たした。

 柔道男子団体の神戸国際大付は今年も負けなかった。「連覇よりも、この大会で力を発揮することしか考えていない」と長沢監督。目の前の一戦に集中した結果、自校が持つ男子の大会連勝記録を「6」に伸ばした。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(9月21日)

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

  • 23℃
  • 19℃
  • 70%

  • 22℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ