総体ニュース

  • 印刷

 兵庫県高校総体は集中開催期間最終日の9日、各地で12競技が行われ、サッカー男子は2月の県新人大会を初めて制した芦屋学園が県総体の初優勝にも迫ったが、一歩届かなかった。水田主将は大会前の姿勢を振り返り「勝てるだろう、だろうで来た結果」とうなだれた。

 前半だけでシュート5本。スピードを強化する科学的トレーニングの成果で攻勢に出たが、相手の守備網を完全には崩せず、試合を通じて無得点に終わった。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(8月20日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 50%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 33℃
  • ---℃
  • 50%

  • 34℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ