総体ニュース

  • 印刷
男子ハンマー投げ決勝 4投目に67メートル64をマークして優勝した市尼崎の執行大地
男子ハンマー投げ決勝 4投目に67メートル64をマークして優勝した市尼崎の執行大地

 陸上の全国高校総体近畿地区予選会は13日、大阪市のヤンマースタジアム長居などで開幕し、男子ハンマー投げは市尼崎の執行が日本高校歴代3位となる67メートル64で優勝。4月の兵庫リレーカーニバルでマークした67メートル36の自己ベストも更新し「県総体、近畿と記録を伸ばしてこられているので、いい流れ」と全国制覇へ弾みをつけた。

 トップ8が出そろい残り3投。「投げの最中に悪いところが分からなかったのが、4投目にぴんときた」と1スイング目の出し方が小さかったことに気付いた。入り方を意識し勢いよく回転すると、飛距離がぐんぐん伸びた。「フィニッシュが流れる失敗もあったが、投げたときの音や角度で、きたかなと思った」。軌道を目で追い、掲示板に記録が表示されると、チームメートの声援に応えるようにうなずいた。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(8月20日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 50%

  • 30℃
  • 25℃
  • 70%

  • 34℃
  • 26℃
  • 50%

  • 33℃
  • 26℃
  • 50%

お知らせ