総体ニュース

  • 印刷

 サッカーの近畿高校選手権最終日は19日、兵庫県三木市の三木総合防災公園で女子の決勝が行われ、日ノ本(兵庫)が2-0で大商学園(大阪)を下し、4年連続6度目の優勝を果たした。

 日ノ本は前半7分、平井が2試合連続の先制ゴール。同24分には古賀がパスカットからロングシュートを突き刺し、守備陣も相手のシュートを3本に抑えた。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(8月24日)

  • 29℃
  • 24℃
  • 30%

  • 32℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 24℃
  • 50%

  • 31℃
  • 22℃
  • 40%

お知らせ