総体ニュース

  • 印刷
日ノ本-京都精華学園 前半6分、こぼれ球に反応し左足でシュートを決める日ノ本の平井(9)
日ノ本-京都精華学園 前半6分、こぼれ球に反応し左足でシュートを決める日ノ本の平井(9)

 サッカーの近畿高校選手権第3日は17日、兵庫県三木市の三木総合防災公園であり、女子の準決勝で兵庫の日ノ本が京都精華学園を2-0で下した。決勝は19日にあり、大商学園(大阪)と対戦する。

 鮮やかな先制攻撃で、守備網を打ち破った。日ノ本が開始早々から得点を重ね、ゲームを支配。前半6分、こぼれ球に反応して先制ゴールを奪った平井は「早い時間帯で点を取ろうとチームで話していた。(全国高校総体の開催地)沖縄行きを決められてうれしい」と声を弾ませた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(6月24日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

  • 27℃
  • 17℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

  • 30℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ