総体ニュース

  • 印刷
重量挙げ89キロ級 トータルで2位となった県尼崎工の川上直哉=糸満市西崎総合体育館(提供写真)
拡大
重量挙げ89キロ級 トータルで2位となった県尼崎工の川上直哉=糸満市西崎総合体育館(提供写真)

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第7日は2日、鹿児島県薩摩川内市総合体育館などで10競技が行われ、バレーボール男子の決勝トーナメント3回戦では、前回覇者の市尼崎(兵庫)が大村工(長崎)に0-2で敗れた。

 テニス団体は2連覇を目指す女子の相生学院(兵庫)と、2年ぶりの優勝を狙う男子の相生学院(兵庫)がそろって2回戦を突破した。

 重量挙げの89キロ級は川上直哉(県尼崎工)がトータル274キロで2位となった。

 バスケットボール決勝で男子は福岡第一が北陸(福井)を107-59と圧倒し、3年ぶり3度目の優勝を果たした。女子は桜花学園(愛知)が岐阜女を72-59で下して2年連続24度目の制覇。

 体操の個人総合で男子は北園丈琉(大阪・清風)が87・100で勝った。10月の世界選手権代表の橋本大輝(千葉・市船橋)は2位。女子は塙颯香(千葉・東京学館)が制した。団体総合の男子は市船橋が2年連続6度目、女子は大智学園(東京)が9年ぶり3度目の王座に就いた。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(9月24日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 30%

  • 24℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 22℃
  • 20%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ