総体ニュース

  • 印刷
陸上男子ハンマー投げ決勝 優勝を引き寄せる65メートル83の投てきを見せ、叫ぶ市尼崎の執行大地=沖縄市、タピック県総ひやごんスタジアム(撮影・中西幸大)
拡大
陸上男子ハンマー投げ決勝 優勝を引き寄せる65メートル83の投てきを見せ、叫ぶ市尼崎の執行大地=沖縄市、タピック県総ひやごんスタジアム(撮影・中西幸大)

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第9日は4日、沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムなどで8競技が行われ、陸上の兵庫勢は男子ハンマー投げで執行(しぎょう)大地(市尼崎)が65メートル83で初の栄冠を手にした。女子400メートルでは中野菜乃(姫路商)が55秒07で5位となった。

 テニス団体の男子は相生学院(兵庫)が湘南工大付(神奈川)を2-0で下し、2年ぶり4度目の頂点に立った。女子は早実(東京)が野田学園(山口)を2-1で破り、初優勝を果たした。女子で2連覇を狙った相生学院(兵庫)は準決勝で敗れた。

 バドミントンは男女シングルスの準々決勝が行われ、男子は昨年の世界ジュニア選手権2位の奈良岡功大(青森・浪岡)らが4強入りした。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(11月21日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ