総体ニュース

  • 印刷
軟式野球1回戦・櫨谷-桜台 決勝打を浴びうなだれる櫨谷の藤本(左)ら=皇子山総合運動公園野球場
拡大
軟式野球1回戦・櫨谷-桜台 決勝打を浴びうなだれる櫨谷の藤本(左)ら=皇子山総合運動公園野球場

 近畿中学校総合体育大会は5日、滋賀県内を主会場に6競技が行われ、軟式野球の櫨谷は1回戦で桜台(大阪)に延長八回の末、0-1で敗れた。

 軟式野球の1回戦で敗れた櫨谷は、本塁が遠かった。想定通りロースコアの展開となったが、延長八回に力尽きた。白川主将は「神戸で一番練習してきたことを自信に、何回になっても点を取ろうと全員で戦った。みんなと先生と一緒にもう野球ができなくなり、何も考えられない」と肩を落とした。

 八回表の好機を逃した後、無失点で踏ん張ってきたエース藤本が1死満塁のピンチを背負った。相手の4番打者に対し「走っていた」直球を投げ込んだが、センター前にはじき返された。「最後はコースが甘くなった。負けてしまったが全力は尽くせた」と105球の熱投に納得した。

 学校初の県総体、そして近畿へ。躍進ぶりに前田監督は「選手たちは目いっぱいの力を出した。最初は全然野球にならなかったところから、自分たちで声を掛けペースをつくれるようになった」と成長した姿に目を細めた。「やるだけのことはやった。悔しさは次のステージで生かしたい」と白川。前を向き、仲間と健闘をたたえ合った。(金山成美)

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(11月21日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ