総体ニュース

  • 印刷

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第11日は6日、沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムなどで5競技が行われた。陸上で兵庫勢の上位入賞が相次ぎ、男子の5000メートル競歩で萬寿春輝(飾磨工)が22分12秒36で2位に入った。砲丸投げの石原唯斗(姫路商)は16メートル79で2位。女子の400メートル障害は中野菜乃(姫路商)が58秒92で3位、円盤投げは神本真衣音(市尼崎)が43メートル99で4位と健闘した。

 新体操個人総合で兵庫の男子・岩渕緒久斗(尼崎西)、女子・前田奈穂(須磨ノ浦)はともに3位に入った。

 剣道の男子団体で4強入りした東洋大姫路(兵庫)は優勝した九州学院(熊本)に準決勝で惜敗した。ハンドボール男子の神戸国際大付(兵庫)は3回戦で小松工(石川)を37-29で退け、準々決勝に進んだ。ソフトボールは悪天候のため競技が中止された。

 5日で終了した登山の成績も発表され、長田(兵庫)の男子が7位、女子が5位に入った。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ