総体ニュース

  • 印刷

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第14日は9日、熊本県山鹿市総合体育館などで6競技が行われ、アーチェリー男子個人で兵庫の畑本晃佑(甲南)は3位決定戦で敗れ、4位だった。女子個人で前年覇者の上原瑠果(甲南女)は3回戦で屈し、2連覇はならなかった。

 ハンドボール決勝で男子は全国高校選抜大会を制した香川中央が愛知を26-21で下し、25年ぶり2度目の頂点に立った。柔道の男子団体は、兵庫の神戸国際大付のほか、3月の全国高校選手権を制した国士舘(東京)や準優勝の大牟田(福岡)などが8強入りした。

 ソフトボール男子は台風の影響による日程短縮で準決勝と決勝が実施されず、4強入りした大村工(長崎)新島学園(群馬)御調(広島)読谷(沖縄)が同時優勝となった。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(10月2日)

  • 27℃
  • 18℃
  • 0%

  • 28℃
  • 14℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ