総体ニュース

  • 印刷
男子100キロ級準々決勝 優勢勝ちで4強入りを決めた神戸国際大付の石山陽太(右)と姫路市立灘中出身で作陽の嵐=いずれも鹿児島アリーナ(撮影・中西幸大)
男子100キロ級準々決勝 優勢勝ちで4強入りを決めた神戸国際大付の石山陽太(右)と姫路市立灘中出身で作陽の嵐=いずれも鹿児島アリーナ(撮影・中西幸大)

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第16日は11日、鹿児島アリーナなどで3競技が行われ、柔道の兵庫勢は男子100キロ級の石山陽太(神戸国際大付)が3位となった。

 「自分には切れる技がない。ひたすら攻めて粘って、意地で勝つ」。柔道男子100キロ級の石山(神戸国際大付)が3度の延長を乗り越えて3位に。長沢監督は「出し切った。あれ以上はない」と力を尽くした石山をねぎらった。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(3月31日)

  • 17℃
  • 12℃
  • 40%

  • 18℃
  • 5℃
  • 30%

  • 16℃
  • 10℃
  • 30%

  • 16℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ