総体ニュース

  • 印刷
柔道女子70キロ級準決勝 延長戦にもつれ込んだ熱戦で気迫の攻めを見せる夙川の桑形萌花(右)=鹿児島アリーナ(撮影・中西幸大)
拡大
柔道女子70キロ級準決勝 延長戦にもつれ込んだ熱戦で気迫の攻めを見せる夙川の桑形萌花(右)=鹿児島アリーナ(撮影・中西幸大)

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第18日は13日、鹿児島アリーナなどで2競技が行われ、柔道の女子70キロ級は朝飛(あさひ)真実(神奈川・桐蔭学園)が山本杏(静岡・藤枝順心)を下して優勝した。前年覇者の桑形萌花(兵庫・夙川)は準決勝で朝飛に延長の末に競り負けて3位。78キロ級では黒田亜紀(山梨・富士学苑)が池田紅(東京・藤村女)に勝ち、女子団体との2冠を達成した。

 セーリングは台風の接近に伴い、15、16両日の競技を中止することを決めた。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(9月21日)

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

  • 23℃
  • 19℃
  • 70%

  • 22℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ