総体ニュース

  • 印刷
男子高飛び込みを1年生で制した高司の玉井陸斗
拡大
男子高飛び込みを1年生で制した高司の玉井陸斗

 全国中学校体育大会第2日は18日、兵庫県姫路市のウインク武道館などで5競技が行われ、水泳の競泳では男子400メートル個人メドレーの小峯輝羅(大津)が10年ぶりの兵庫県中学新記録となる4分25秒01をマークし、初優勝した。女子50メートル自由形の片山珠里(歌敷山)は26秒47で自身の持つ県中学記録を塗り替え3位。飛び込みの男子高飛び込みは日本室内選手権覇者で高司1年の玉井陸斗が397・40点で頂点に立った。

 柔道男子団体の南淡は準決勝、望海は準々決勝でともに敗れた。相撲団体の松陽は準々決勝で惜敗した。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(9月21日)

  • 24℃
  • 20℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

  • 23℃
  • 19℃
  • 70%

  • 22℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ